小・中学生に起こる膝の痛みとは??

こんにちは!ひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユです!

 

小学高学年から中学の発育期のスポーツ少年の

お皿の下の骨(脛骨粗面)が徐々に出てきて

痛みを生じてくるものを”オスグッド病”といいます。

 

 

 

 

 

 

スポーツで、特に飛んだり跳ねたり、またボールを蹴る動作の

繰り返しにより生じてきます。

休んでいると痛みは無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。

成長期に特徴的な痛みです。

 

オスグッド病の原因は、大腿(太もも)の前の筋肉(大腿四頭筋)が

お皿を介してつながる脛骨の付着部の骨端軟骨の剥離です。

この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期で、

膝を伸ばす力の繰り返しによりこの成長軟骨部が

剥離するために生じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

お困りのことがありましたら、出来るだけ早くご相談ください

スタッフ一同お待ちしてます。

logo

 

 

 

症状でお困りの方はこちら

トレーニングでお困りの方はこちらから

ひまわり鍼灸整骨院&トレーングソレイユはこちらから

午前9:00〜12:00 午後17:00〜21:00

〒617-0002
京都府向日市寺戸町辰巳3番地 ユングフラウマイ1F

TEL:075-555-9342

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です