テーピングの基礎知識 役割4つ!!【亀岡市・南丹市・京都市】

皆さんこんにちは!

亀岡よつば鍼灸整骨院の児島です!!

今日はテーピングについての簡単な役割についてです。

 

テーピングとは何のためにやって、やる意味はあまりないんじゃないか、と思っている方もいると思います!

そんな方々に是非テーピングの良さを知っていただけたらと思います!

 

スポーツをしている方、ご自身のお子さんなど

安心してスポーツに取り組むために、非常に有効なツールの一つです!

 

テーピングの役割

テーピングの役割は目的によって様々です。

 

 

 

関節の固定

足首の捻挫・膝の靭帯損傷・肩の脱臼などはスポーツでよく起きるケガだと思います。

関節がゆるくなるとケガの再発をするリスクが高まるので、関節の可動域を制限することでケガの再発の予防もできます。

 

筋肉の動きをサポート

ふくらはぎや足の裏をつったり、ハムストリングス(太ももの裏)などの筋肉系のケガもスポーツ中によく起きるケガの一つです。

筋肉に沿ったテーピングを施すことで、筋肉の活動性を助けてケガのリスクを減らすこともできます。

 

正しい関節運動への誘導

膝や腰を痛めた原因が膝周りや股関節などのねじれや歪みにあった場合、その歪みを正すテープをすることで痛みを軽減できることがあります。まっすぐ力を伝えるようにテーピングで誘導してあげるので、力の伝達のロスもなくなりケガのリスクを減らすだけでなくパフォーマンス向上にもつながります。

 

精神的な安心感

例えば、お腹が痛いときに自然に手がお腹に伸びてしまうという経験はあると思いますが、これは人間の感覚信号の中で痛覚よりも触覚の方が早く脳に伝わるため。痛みや不安があるところに何かが触っているだけで安心感が生まれるので、テーピングでも同じことが考えれます。

 

 

このように、テーピングの役割は様々です!

 

痛みがあってもどうしても試合に出ないといけない(出たい)とき、過去のケガが不安だからテーピングから離れられないということもあると思います。

ただ、テーピングに頼りすぎると関節まわりの感覚センサーや筋力が低下してしまうというのも事実です。

ですので、時間があるときには補強運動も行いながら、どうしようもないときはテーピングを使うというようにうまくテープと付き合えるといいと思います。

 

 

なお、お電話でも空き状況のご案内や、症状についてなど質問も受けられますし、女性スタッフもおりますので、
ご要望等ありましたらお電話でのご予約の際にお気軽にお申し付けください(^^)

その他、分からないことやご不明な点等ございましたらお電話でお気軽にお問合せ頂けたらと思います♪
それではお待ち致しております

 


亀岡よつば鍼灸整骨院

症状でお困りの方はこちら

トレーニングでお困りの方はこちらから

ひまわり鍼灸整骨院&トレーングソレイユはこちらから

午前9:00〜12:00 午後16:30〜20:10

〒612-0811
京都府亀岡市北古世町1-12-11

TEL:0771-24-7575

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 治療

  • トレーニング

  • 加圧トレーニング
  • 体幹トレーニング
  • ピラティストレーニング
  • スポーツ体幹動きづくり
  • タイトリストトレーニング
  • ミット打ち
  • 加圧トレーナー資格
  • 目的別トレーニング例

  • 野球

  • 球速アップの為のトレーニング
  • 飛距離アップの為のトレーニング
  • 走塁を速くする為のトレーニング
  • 水泳

  • 上半身トレーニング
  • 下半身トレーニング
  • 体幹トレーニング
  • サッカー

  • バランストレーニング
  • 体幹トレーニング
  • 動きづくり
  • ダイエット

  • ウエスト引き締め
  • 美尻
  • 美脚
  • 美容

  • 小顔矯正
  • 美容鍼
  • 美容骨盤矯正