オスグットになって困っている方!正しいスクワットができていますか?

こんにちは。

ひまわり鍼灸整骨院トレーニングジムソレイユの冨田飛雄馬です。

 

 

 

スポーツをする小・中・高校生に多く見られ、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎です。

原因は大腿四頭筋の緊張により、骨との付着部にダメージを与えてしまっています。

 

 

解決方法としては、四頭筋の緊張をほぐすことやストレッチを行う。

もう一つは正しい身体の使い方を覚えることです。

 

 

トレーニングに体験に来られるアスリートの中にもオスグットの方が何人かおられます。

そのほとんどの方が正しいスクワットができません。

 

 

スクワットはお尻をメインにハムストリングや腹筋を鍛えるトレーニングです。

膝がつま先より前に出ないようにしっかり股関節を屈曲させ、骨盤から体幹・背中が一直線で腹筋も意識しなければなりません。

 

 

しかし、オスグットになっている子は股関節の屈曲が弱く四頭筋ばっかりに力が入ってました。

他のトレーニングでも使わなければいけない筋肉が意識できてなかったり、無駄な力みがあり負担を与えていたりで、

怪我する原因は技術的なものもありますが、普段の身体の使い方に原因があります。

 

 

手遅れになる前に正しいトレーニングや身体の使い方を知りましょう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です