テニス肘・ゴルフ肘 | 京都府向日市のひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

テニス肘・ゴルフ肘

テニス肘・ゴルフ肘

 

このようなことでお悩みではありませんか?

■ゴルフのスイング時、インパクトで肘に痛みが走る

■運動をしているわけでもないのに、日常生活で肘に痛みがある

■テニスでバックハンドを打ち返した時に肘が痛む

■病院でテニス肘・ゴルフ肘と言われたがその後に特別な指導・リハビリがない

■物を持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘が痛い

img53a3a0a60c9c2

 

■テニス肘・ゴルフ肘になる原因は?

テニス肘・ゴルフ肘になる原因の多くは、フォームの崩れから、肘関節にストレスのかかる体の使い方になっている事がほとんどです。ただし、テニスやゴルフで肘関節が痛くなるのは、肘関節そのものだけに問題があることは、ほとんどありません。その理由を簡単にご説明いたします。

まず、テニスやゴルフのスイング動作では、本来なら、下半身から体幹へ、体幹から上半身へと効率良くチカラが伝達されます。しかし、下半身 や体幹・肩甲骨の動きに(肩甲骨上腕リズム)問題があると、上手にチカラが伝わらなくなり、肘関節に強いストレスがかかるようなフォームとなり、その状態が繰り返される事で痛みが出るのです。t02200220_0300030013263899632

 

 

■向日市のひまわり鍼灸整骨院のテニス肘・ゴルフ肘の施術方法

向日市のひまわり鍼灸整骨院では、「テニス肘」や「ゴルフ肘」は、肘関節周辺のコンディショニングはもちろんですが、全身をトータルチェックして施術させていただきます。テニスやゴルフのスイングにおける痛みは、他の箇所に原因がある場合がほとんどで全身のチェックが必要なのです。

 

そのため、検査では全身の筋力や柔軟性をチェックしていきます。その中でも肩甲骨周辺や、 骨盤・股関節の動きに問題が多くみられます。これらの関節周辺の筋肉の硬さや弱さにより、腕のチカラだけでスイングをしてしまうため、結果肘に痛みが出てしまいます。

SONY DSC

 

 

 

 

 

 

 

 

また意外に多い症例は、テニス・ゴルフはしていないのに肘関節に痛みがある方も多くおられます。この場合も、 普段からの不良姿勢により、結果、肘関節にストレスがかかっている場合がほとんどです。こういった場合も肩甲骨や肋 骨の動きを改善することで痛みが消失する場合がほとんどです。

(注)テニスやゴルフをしていない方でも肘を痛めた方には、テニス肘やゴルフ肘といった傷病名で病院では呼ばれています。

 

 

関節の動きに問題があるところに関節調整を行い、硬い筋肉には手技やストレッチで、弱っている筋肉にはトレーニングをする ことで、本来の正しい動きを取り戻していく事で肘関節にかかる負担を抑え、スイング時の痛みを解消していきます。名称未設定

85255e6cc6f7be53d2c028166933e751

 

 

 

 

 

 

 

 

■テニス肘・ゴルフ肘の施術後の指導について

必要があれば 、スイング動作の指導も行わせて頂きます。また、治療後には自宅で出来るストレッチやトレーニングも指導しますので、患者さま 自身でも体のケアを行なうことが出来ます。

SONY DSC

 

当院は、テニス肘やゴルフ肘などのスポーツ障害を専門にしているため京都市外からも、多くの患者様が来院されます。テニス肘・ゴルフ肘など肘の症状でお困りの方は、是非、一度当院にご相談ください。