野球選手 投手の上肢の使い方 骨盤を速く回転させる方法 スピードアップ

京都向日市

ひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

代表の木村です。

http://www.tbm-soleil.com/

 

今回は野球選手の上肢の使い方です。

下半身を教えても、なかなか上手くいかない投手は、逆に上肢を直すと下半身上手く使えるようになります。

 

特にグローブを持っている肘を速く引くことで、右肩が前に出やくすなり、骨盤もスムーズに回転します。

投げる方の手は、ダーツを投げるように、テイクバックを耳の横に持ってきてから、ボールを投げた方を指差しをします。

そうすることで、ボールは指を差した方に行きますので、コントロールも良くなります!

投げた後は、ステップ足の股関節を締め体重を乗せると下半身も上手く使えるようになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です