スポーツでケガをされ治らない方へ スポーツ現在復帰までサポート 京都向日市 プロ野球選手が治療に来られる整骨院

京都向日市

ひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

代表の木村です。

 

先日、野球で肩を痛めて中2の学生さんが治療に来られました。

整形外科の大きな病院に行ったらレントゲン上問題ないから投げるなと言われるだけ。

一年間もの間、ボールが投げられない状態。

休めば痛みはマシになり、投げたら痛くなるの繰り返し。

もう野球をやめなければならないのかと、本人もお母さんも藁をもすがる思いで、当院にお越しになられました。

 

私も小学生で肘が痛くなり、高校、大学、実業団で三度の手術をしました。プロ野球選手になりたい思いで頑張っていましたが、今でも私は指導者に潰されたと思っています。

もっと指導者には身体の勉強をしてほしいと願っています。

 

私達の時代はトレーナーもいなくて、リハビリも進んでいませんでした。

 

中学生から整形外科や整骨院など通っていましたが、痛みのある肘だけの治療でした。治療した直後は痛みはマシになりましたが、次の日になるとまた痛いの繰り返しでした。

 

トレーナーとして沢山の野球選手と関わらせて頂いて、肩の治療をしていると色々なことが分かってきました。

 

 

痛いところだけ診てもダメだ。

身体全体を診て、尚且つ動きや動作を観ていかないと、スポーツ現場への復帰はない!

 

greeting_img

 

彼の場合もただ痛みを取るだけなら簡単でしょう。

スポーツ現場復帰までは、しっかりサポートしていかないと痛みを繰り返します。

 

お母さんには。。。

うちに任せてください!!とお伝えしました。

私も投げられない辛さはよくわかります。

 

一ヶ月週に二回の治療でまず痛みを取り、可動域を改善します。

その次に、二階でリハビリとトレーニング、投げ方を週一ペースで三ヶ月行います。

治療を開始する前に、タイアップしている京都府立病院の森原先生のところでMRIを撮って来てほしいとお伝えし、すぐに森原先生にお電話しその旨をお伝えし、紹介状をお出ししました。

 

 

スポーツ選手の治療は、休ませたら、投げなければ治る程、簡単なものではありません。

 

image

 

痛みのあるところ以外にも必ず問題があります。

私の場合、左の股関節内旋が硬いため、体が開き、肘が外回りし、肘に負担をかけていました。

 

また膝に痛みのある方は、筋力の問題だけでなく、股関節の柔軟性も診ないといけません。

ドクターは筋力をつけてくださいとしか言われない方が多いです。それだけではありません。

 

スポーツドクターと連携して当院は、治療から現場復帰まで全力でサポートさせて頂ます。

 

一年以上痛みで投げられない選手を沢山復帰までサポートしてきました。

 

現在も全国けら肩や肘を痛めて何ヶ月も野球が出来ない高校生や大学生が来られています。

お困りの方

復帰までのサポートを全力でさせて頂ます!!

 

是非、お問い合わせください。

 

京都向日市

ひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

代表   木村雅浩

075-555-9342

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です