筋トレではなく、競技特性にあったトレーニングが結果を出す | 京都府向日市のひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

筋トレではなく、競技特性にあったトレーニングが結果を出す

京都向日市
トレーニングスタジソレイユの木村です。

本日は
筋トレについてですが

筋トレは、あきらかに筋力不足の高齢者やダイエット、コンタクトスポーツ(ポジョンにもよります)には、絶対に必要なことです。

しかしスポーツをしている方で、筋力が足りてないと思った選手はあまりいません。
高校生や大学生で、怪我が多い、バットやクラブを振った時に振られてしまう、などの方は筋肉量を増やす必要があるとは思います。

しかしながら、むやみやたら筋肥大させることは危険です。
体が大きくなったら、競技パフォーマンスが上がるわけではありません。
ベンチプレス100キロ、スクワット200キロ上げて投手が150キロ投げられるわけでもありません。

image

競技特性を考えて、また個別で考えたトレーニングプログラムを考えないと結果どころか怪我を引き起こします。

私はマックスに対して、何%で何回数を上げて何セットと言うトレーニングは一切やりません。
筋肥大だけを狙うトレーニングは動きを考えず、鎧をつけるようなトレーニングは無意味だと思います。

確かに、ラグビーのスクラムを組む選手、アメフトでコンタクトするポジョンなどのスポーツは当たり負けしない体を作るために筋肥大が必要です。

私は筋トレは一切しません。
大切なのは、骨盤を安定させて、股関節や肩甲骨それを繋いでいる背骨をうまく動くようにすることが大切だと考えています。

背骨がうまく動かないと肩甲骨が動きません。
骨盤が安定しないと背骨が丸まったりバランスが取れなくなります。

器具を使わないとトレーニング出来ないのではなく、自分の体をコントロール出来るトレーニングで十分、筋肥大して筋力がついていきます。

image

トレーニングフォームも個人によって異なります。
投げ方が違う投手がなぜ同じフォームでスクワットしたり、ベンチプレスをするのか?
私には理解できません。

image

動かし方、タイミングの取り方、リズムはみんな違います。
また、ラグビー選手とゴルフ選手など競技が全く違っても、同じフォームでトレーニングをやっています。
どう考えてもおかしくありませんか?

image

私のトレーニングでみなさん結果を出しているのは、競技ポジョン別、個人別などのトレーニングを行っているからです。

トレーニングでパフォーマンスを上げるためには、この選手は何が出来ないのかを見極めることです。
出来ないことが出来るようにするのが、トレーニングの目的です。それがパフォーマンスアップに繋がっていきます。

フィギュアスケートの町田樹選手のトレーニングに入るまでに、問診が2週間かかりました。
トレーニングプログラムをする前に、しっかり選手を理解しなければ、トレーニングで結果を出すことは出来ません。

みなさん筋トレはやめましょう。
動きづくりを大切に考えましょう!

image

京都向日市
トレーニングスタジオソレイユ
075-555-9342