野球選手(アスリート)のための肩を壊さないトレーニング『サイドレイズ』の重要点!! | 京都府向日市のひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

野球選手(アスリート)のための肩を壊さないトレーニング『サイドレイズ』の重要点!!

いつもありがとうございます!
トレーニングスタジオソレイユ代表の木村です。

今回のアスリート(野球選手)向けトレーニング講座は、、、


『サイドレイズ』

です!!!
 

通常サイドレイズは三角筋のトレーニングですが、
「野球選手」の場合、サイドレイズを三角筋のトレーニングとして行うと、
肩を痛める恐れがありますので、棘上筋(きょくじょうきん)が挟まらないように肩より下の高さまで持ち上げて内旋させなが
ら、ゆっくりと降ろしていきます。


棘上筋を挟まないように意識して、インピンチメント症候群にならないように、
僧帽筋(そうぼうきん)を意識せず、トレーニングを行って下さい。

今回は、少し専門用語が多くなってしまいましたが、動画でご確認下さい!!

では、どうぞ!!

※三角筋(さんかくきん)の説明はコチラ
※棘上筋(きょくじょうきん)の説明はコチラ
※僧帽筋(そうぼうきん)の説明はコチラ

 

京都、向日市でアスリートのトレーニングは、
トレーニングスタジオソレイユまで!!