スポーツ選手の筋力測定

スポーツ界では、筋力測定をシーズンオフにしています。

image

image

image

スクワットやベンチプレスが1RM何キロ挙げられたなどの筋力測定をします。
私は、実業団の野球部で筋力測定をしたことがありません。
スクワットが200キロ挙がったところで、どうなん?パフォーマンスとどういう関係があるの?

それも教科書通り、フォームがみんな同じ。

安全のための動きなら一般の方が筋力アップとしてのトレーニングならいいと思います。

スポーツによって、ひとによって、投げ方、走り方、すべて身体の使い方や使うタイミングが違います。

image

image

image

私は、筋力測定の結果を頂いても、使い方がわかりませんし、筋力で身体を動かしている選手は必ず怪我をすると考えています。

筋力アップは必要ですが、そんなにでかくして。。。って感じです。

パワーはスピード×筋力
それはわかりますが、単関節で身体を動かしているわけでもありません。
筋力がすべてと考えているトレーナーは選手を潰すと私は思っています。

筋トレはやるべきではありません。
その選手の動きを理解しての筋トレならいいとは思います。

筋トレは本当に難しいです。
メニューだけ渡してやらせるトレーニングではありません。

筋トレで怪我をしている選手も沢山見てきました。

教科書は選手の動きです。
その選手を見ていると色んなことが見えてきます。

何のために何をさせるか
よく考えてトレーニングプログラムをしましょう。

KIMG0117

KIMG0119

KIMG0113

京都向日市
トレーニングスタジオソレイユ
www.tbm-soleil.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です