ゴルフスイングづくり~飛距離アップ

ゴルフスイングについて~飛距離アップ

みなさんは、構えてから手動するときは、どこから動きますか?
色々な意見、考えがあると思います!
それぞれ違ってもいいと思いますが。。。

じっと構えて、さぁ~動くぞと考えたら・・・?

動くタイミングも重要ですよね

動から動は動きやすいですが
静から動は凄く難しいものです

だからゴルフは難しいのでしょうね!

image

では動きのきっかけは、どこを動かせばいいのか

骨盤から動いたのでは、地面からの反発力がもらえません

動くきっかけの答えは、骨盤や股関節ではなく、左足首なんです!

左足首の回旋(内反、外反)で、膝、股関節、骨盤、外腹斜筋、胸郭、肩甲骨、腕と言う順番になっていきます

ゴルフ選手でもうひとつ気になるのが、右足の地面からの反発力を使えてない方がたくさんおられるようです!

しっかり右股関節で捻り、右足で押し込みながら、左の股関節を外旋しながら捻り込みましょう
外旋ですよ!
内旋は骨盤の動きが止まってしまいます

左足首から体をうまく連動していきましょう

image

京都向日市
トレーニングスタジオソレイユ
www.tbm-soleil.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です