TPI ゴルフのためのトレーニング~トレーニングを考える

本日、TPI ゴルフのためのトレーニングにお越しになられました
ハンディキャップ2
凄いですね

安定したボールが飛ぶようになり、飛距離が伸び、クラブをひとつ落として打つようになったと!
他にもゴルフのトレーニングでお越しの方々も飛距離が変わったとおっしゃる方が多いです!

私のトレーニングは見た目は、筋トレですが
決して筋肉は鍛えません
ダイエットにお越しの方は筋肉量を増やし、代謝をあげ、太りにくい体にするためのトレーニングをしますが
スポーツ選手のトレーニングは違います

筋肉を鍛えてもボールが飛ぶわけではありません

image

上半身と下半身の連動させる
関節可動域いっぱいを使ってそこに負荷をかけ、瞬発的に力を発揮する
筋肉ではなくあらゆる方向(8方向)の関節(骨を動かす)を鍛える

言葉ではわかりにくいと思います

image

いま流行りのトレーニングではなく、基礎をしっかりしていけば、必ずパフォーマンスはあがります

ウエイトトレーニング、チューブトレーニング、体幹トレーニング、初動負荷
どのトレーニングにもメリットとデメリットがあります
何のためにどんなトレーニングをするか
トレーナーの力量ですね

何をするにも、骨盤と肩甲骨、そしてそれを繋いでいる背骨をどのように動かして、力を発揮するかが大切なことです

勿論、筋力も必要ですが、私のトレーニングは二次的に必要な筋力はついてきます
しかし、筋力をつけるためのトレーニングではありません

力任せに動くとロボットみたいになりますので、トレーニングには十分気をつけてください(*^^*)

image

image

image

image

私はゴルフは勿論のこと、フィギュアスケート、バレエ、競輪など全くと言っていいほどドシロウトですし、ほぼやったことはありません

しかしなぜ知らないやったことのないスポーツでもトレーナーとして結果を出せるのか

それは、その方がどう動きたいのかを聞きます
私のなかで動けない分析をしていきます

そしてトレーニングの中で、なぜその動きができないのかの確認のトレーニングをしていきます
アライメントの問題、バランスの問題、骨盤の問題
色々な問題が出てきます
それを伝えてトレーニングに変換します
何度も繰り返していくと、毎回のトレーニングで色々なことが見えてきます

それがトレーナーとして醍醐味ですね!

image
KIMG0117

お困りの方、ご連絡お待ちしております!

京都向日市
トレーニングスタジオソレイユ
www.tbm-soleil.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です