慢性腰痛改善のためにはアライメントを治す

左腰に慢性的に痛みがある方が加圧トレーニングにお越しになってます
お客様のトレーニングの目的はダイエット
ついでに腰痛も治れば!と。。。

当店にトレーニングにでお越しの腰痛の方は、ほとんど症状がとれています

それはなぜか?

ただ、筋力をつける、柔軟性をあげるだけではありません
腰痛改善は筋力と柔軟性は大切な要素です

トレーニングのなかで動きやアライメントをチェックしています

この方は、上半身のトレーニングは勿論、下半身のトレーニングも
右足の爪先が常に外を向いています

image
image

この写真でもわかるように座っても右足爪先がが開いています
立位では、左足体重で右足の爪先が常に外を向いて立っている、または座った時には右足を組む癖があることがわかります

と言うことは、骨盤が常に右に開いていることがわかります

左足体重で立っていると、左臀部や腰部に常に筋肉を緊張させていることになります
そして、筋疲労がおこり腰痛になるわけです

image

この写真はスクワットですが、徐々に右足爪先が開いてきています

このような腰痛は鍼灸治療やマッサージしても、その時は一時的に血流が増加して左腰痛は楽にはなりますが、このような癖で再び腰痛になります
その繰り返しで慢性的に腰痛となるわけです
このようなことは、たくさんあります
肩こりも同じようなことはたくさんあります

慢性腰痛や肩こりの治療は癖を治すことで治ることが非常に多いです

日常生活の癖を治すことで、必ず腰痛は改善できます

image
image

この写真は後ろの足を見ていただければよくわかります
右足爪先が開いてます

みなさまも、自分の癖を知りましょう

ひまわり鍼灸整骨院
http://tbm-jp.com

トレーニングスタジオソレイユ
www.tbm-soleil.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です