甲子園をめざす高校野球選手(投手の)肘や肩を痛める投げ方と治し方~スポーツ障害 | 京都府向日市のひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

甲子園をめざす高校野球選手(投手の)肘や肩を痛める投げ方と治し方~スポーツ障害

野球選手が肘や肩を痛める原因は色々あります!
今回は私のことを書かせて頂きます

image

小学生から1日2試合(7回)投げてきました
中学二年生で肘の内側に痛みがあり、整骨院に通ってました

高校生では、一年生から色々なプロ野球選手が行く有名
整形外科やプロ野球のトレーナーの鍼灸師、整体、整骨院に行きました

image

今考えると、どこの病院も痛みのある肘の治療だけでした

高校三年生、大学三年生、実業団四年目と三回の肘の手術をしました
手術後のリハビリは特にありませんでした

image

最後にリハビリと言うかトレーニングで鳥取県のワールドウィングスに行きました

その時、リハビリやトレーニングの大切がわかりました

今考えると、私は肘が悪いのではなく
左股関節の内旋の硬さが原因でステップで左膝が割れていました

image

そのためテイクバックから投げに行く時に、身体から肘が離れて行くために、肘に負担がかかっていました

写真をみて頂いたら
テイクバックまで身体から手が離れていき
テイクバックは頭からかなり遠い位置にあり
ステップした足の膝が割れています

image

これが私が肘を痛めた原因でした
だから肘の治療や手術をしても治らなかった原因です

スポーツ障害は、痛めた部位だけ治療しても治りません

身体全体を見て治療し、スポーツ動作を改善しないと
同じ痛みが必ず出ますし治りません

お困りのかたは、ご連絡ください!

必ず、治るヒントになると思います

ひまわり鍼灸整骨院&加圧トレーニングスタジオ ソレイユ http://tbm-jp.com

プロスポーツトレーナーの身体の創り方サイト
http://www.spptkimura.com

image