〜スポーツ障害〜

こんにちは、ひまわり鍼灸整骨院の村上です。

 

 

今日はスポーツ障害についてです。

 

 

 

スポーツ障害とは、オーバーユースとも言われ、繰り返しの負荷がかかることにより痛みがでてくるケガのことをいいます。

 

 

 

 

 

筋・腱の障害

 

アキレス腱炎、ジャンパー膝、野球肘など

 

 

 

 

 

 

骨・関節の障害

 

オスグット病、疲労骨折、シンスプリントなど

 

 

 

 

 

スポーツ障害は、繰り返しの負荷かかることによりおこってしまうケガなので一度なってしまうと治るまでに時間がかかります。

 

 

 

なのでスポーツ障害はなってからでは遅くて、ならないように防ぐことが重要になります。

 

 

 

特に特別なことをする必要はありません。

 

 

 

 

日頃からのアップ、ダウン、ストレッチ

 

 

 

 

がとても重要になります。

 

 

 

 

 

皆さんアップ、ダウン、ストレッチはしっかりとできてますか?

 

 

 

 

アップ、ダウンをしっかりできてない時に痛みがでてしまった経験があると言う方多いと思います。

 

 

 

 

 

 

アップ、ダウン、ストレッチをなぜするのか?

 

 

 

 

なぜこの動きをするのか?

 

 

1つ1つ意味があります。

 

 

 

 

1つ1つの意味をしっかりと考え、今まで自分が思っている以上にしっかりと行いましょう!

 

 

 

 

 

 

では。。。

 

40c890_efac44e81b674f3b9e4a35810d5776b4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です