肉離れ・捻挫

こんな症状・お悩みはありませんか?

  • 過去に同じ箇所を何度も怪我しておりクセになっている
  • 肉離れや捻挫になったが、どのように対処したら良いかわからない
  • 急なことなので、動きをとっていいのかどうかわからない
  • 片足に負担がかかるため、身体のバランスを崩して腰痛や肩こりにまでなった
  • なんとか歩けるが、かかとだけで歩く状態になってしまっている
  • 痛くて歩けない、歩くとつらい

肉離れ・捻挫の原因とは?

捻挫手足を急に動かしたり、足を踏み外すことで捻挫・肉離れは起きますが、 捻挫・肉離れの根本的な原因は、普段の歩き方や、身体の骨格・筋肉のバランスが悪いところにに問題があります。

肉離れ・捻挫を放置するとどうなるか?

捻挫イラストこれらの捻挫や肉離れを放っておくと、関節が硬くなったり緩んだままになったりしてしまい、身体の動かし方に悪いクセがついたり、日常生活に支障をきたします。

向日市・長岡京市・西京区ひまわり鍼灸整骨院の治療方法

施術の様子当院は、捻挫・肉離れの治療についてはプロです。
RICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)・超音波治療器を用いて治療を行うのはもちろんですが、当院の強みは関節可動域・全身の動き・バランスを手技により治療していきます。
実績のある正しい治療方法により、早期回復を実現します。
治療の際、トレーニングも含まれた当院の治療プログラムを組むことで、捻挫・肉離れした箇所を元の状態に戻します。

交通事故の首・肩の痛み(頚椎捻挫・肩関節捻挫)

交通事故で首・肩を負傷した場合は長期に痛みが残る場合があり、頚椎捻挫・肩関節捻挫と診断されることが多いです。
また、頚椎捻挫は別名むちうち症と診断され、首がムチを打ったような状態になります。そうなると神経や血管にも負担がかかるため初期の安静と固定が重要になります。
炎症が取り除かれた段階で、次に頚椎の動きの制限に対してアプローチを行います。
神経が圧迫されている状態が続いたため、めまいや頭痛を併発している患者様も多いため、早期に可動域訓練を行います。
肩関節捻挫の場合も炎症が強い状態のとき、はアイシングと固定を行い、炎症を取り除きます。
当院では、痛みがでているところだけでなく痛みの原因となっているところに対して、手技療法・ストレッチなど致します。
肩があがらない症状に対して、中々改善が見られない患者様が多くいらっしゃいますが、肩関節の正しい動き方をすることによりそのような症状も改善できます。
当院の施術では、早期回復に加えて後遺症を残さないための施術を行っています。
(自賠責保険適用の場合は自己負担0円で専門の施術を受けることが可能です)

 

交通事故治療