ゴルフトレーニング

【 ゴルフのスイングとゴルフのためのトレーニングについて 】

 

こんにちは。

向日市ひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユの本郷です!

 

本日は、ゴルフのスイング動作とゴルフのトレーニングについてご紹介します!!

 

一般的なゴルフ愛好家の方のスイングの特徴は大きく分けて「12種類」あります。

 

 

下の図にあるようなスイングはどれもあまり良くないスイングです。

ゴルフを上達するために、それぞれのスイングの特徴と、どこを改善すればゴルフが上達するのか。

これから一つ一つご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう!!

 

 

 

 

(1)S字姿勢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 腰が反ったまま固まっている状態
  • スイング動作中も腰が反ったままになってしまうためインパクト時に力が抜けやすい

 

 

 

 

 

 

(2)C字姿勢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 背中、腰が丸くなりすぎている
  • 股関節の動きが悪くなり腰が回らないためキレのあるスイングが出来ない

 

 

 

 

 

 

(3)姿勢の消失

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • クラブをトップまでもっていく途中で上体が起き上がり過ぎ、打つ時に沈みすぎる
  • 上半身の回転軸がブレるためスイングが安定しない

 

 

 

 

 

 

(4)フラット・ショルダー・プレーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • スイングが極端に横振りになっている
  • 打ったボールがスライスする確率が高くなりボールがまっすぐ飛ばない

 

 

 

 

 

 

 

(5)アーリー・エクステンション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • スイング動作中に伸び上がってしまう。もしくは、伸び上がるのが早すぎる
  • 伸び上がってしまうため腰が回り切らないためスイングスピードが上がらない

 

 

 

 

 

 

 

(6)オーバー・ザ・トップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • クラブをトップの位置に上げる時にクラブの先端が上に上がりすぎている
  • 体の回転の軌道からクラブの先端がズレるためインパクトの際にボールへ力が伝わりにくい

 

 

 

 

 

 

(7)スウェイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • テイクバック時に腰の位置が後方へ動きすぎている
  • 腰や体が前後に動きすぎて腰の回転が遅くなりインパクト時に力がボールへ伝わりにくい

 

 

 

 

 

 

 

(8)スライド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 左脚が前方へ突っ込んだり左膝が開いたりして腰が前方へ突っ込みすぎてヘッドが素早く出てこない
  • インパクト時に力がボールへ伝わりにくい

 

 

 

 

 

 

 

(9)リバース・スパイン・アングル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • トップの時に体をひねり過ぎたり頭が前方へ倒れすぎたりしている
  • 上半身の軸や頭が動きすぎてスイングのブレが大きくなり正確に打てる確率が低くなる

 

 

 

 

 

 

(10)ハンギング・バック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • インパクト時に体が後方へ倒れすぎる
  • 左の股関節、殿部への体重移動が不十分になり力や体重がボールへ伝わりにくい

 

 

 

 

 

 

 

(11)キャスティング/アーリー・リリース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ヘッドが体から離れ過ぎている
  • ヘッドが体から離れ過ぎてインパクトまでのスイングスピードが遅くなる

 

 

 

 

 

 

 

 

(12)チキン・ウィング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 前側の肘が曲がってしまい脇が開いてしまっている
  • 肘が曲がり脇が開くことで左腕が体から離れてしまいインパクトで力がボールへ伝わらない

 

 

 

 

 

 

以上、12種類のスイングを見ていただきました!

あなたのスイングはいかがでしょうか?

これらのスイングに似たような動作になっていませんか?

 

 

 

 

今回はさらに、これらのスイングの中で1つだけ、問題のある動作の改善に必要なエクササイズをご紹介いたします!!

(2)で登場したスイング動作の「C字姿勢」の改善エクササイズをご紹介します!

↓ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ これが、このC字姿勢を正しい姿勢に改善するためのエクササイズです!

 

 

 

 

『レベル1』

 

 

 

 

 

 

この体勢になり、腰・背中を丸めたり反ったりを繰り返す

 

 

 

 

 

 

『レベル2』

 

 

 

 

 

 

 

 

レベル1が出来たら、次は膝立ちの姿勢から腰・背中を丸めずに正座の姿勢になりましょう。

きれいにできましたか?

 

 

 

レベル2の動きが出来ない方、どうしても腰・背中が丸くなってしまう方、正しい姿勢を保ったまま構えるためのコツがあります!

 

 

 

 

↓ レベル2の写真の動きを行いやすくするコツ ↓

指先を股関節(脚の付け根)にあてて股関節で指を挟むようにして腰を反りながら正座する。

そうすると、腰が丸く猫背にならずに正しい構えの姿勢をとることができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『レベル3』

↓ 立った状態(構え)で腰・背中が丸くならないようにするためのエクササイズ ↓

 

 

 

 

 

 

 

あることを意識してこのエクササイズを行うとすぐに良い姿勢で構えられるようになります!

今まで出来なかった動き・姿勢が驚くほど簡単にできる!当施設のパーソナルトレーニングを受けて頂ければその感動を実感していただけます!!

 

 

 

 

 

 

さて、今回は「C字姿勢」の改善エクササイズの一部を紹介しました!

このほかにも 12種類の問題のあるスイング動作 の改善方法はたくさんあります!

みなさまのゴルフの動きの課題点を見つけ出し、動きを改善するお手伝いをしております!!

 

・柔軟性や筋力は足りているのに動かし方がわからないからできない

・動かし方はわかっているけれど柔軟性が低いあるいは筋力が弱いからできない

 

できない原因はこのどちらかです!

私たち、ソレイユのトレーナーはどちらの原因に対しても改善のためのサポートが出来ます!

 

当施設のパーソナルトレーニング(ゴルフトレーニング)では、お一人お一人のお客様の身体の特徴(筋力や柔軟性)、ゴルフのスイング動作の特徴を見て、お客様のスイングが現在どのような状態になっているのかをお伝えし、お客様の目標やご要望を聞いたうえで、お客様の目標達成のために個別のトレーニング指導を行っております!

お客様の現状の課題を分析し、ゴルフがもっと上達するために必要なことをお伝えします!!

 

ゴルフ初心者の方、長年ゴルフをされていて伸び悩んでおられる方、様々な方がゴルフトレーニングを受けられます!

 

熱心な方も、熱心にはやっていないけれど遊びでちょくちょくゴルフをするという方も、気軽にお越しください!ご自身のゴルフのスイング動作や体の使い方をチェックしてみませんか?

ぜひ一度、お気軽にご相談ください!!

 

 

お気軽にお電話ください📞→ → 向日店:075-555-9342 亀岡店:0771-24-7575

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 治療

  • トレーニング

  • 加圧トレーニング
  • 体幹トレーニング
  • ピラティストレーニング
  • スポーツ体幹動きづくり
  • タイトリストトレーニング
  • ミット打ち
  • 加圧トレーナー資格
  • 目的別トレーニング例

  • 野球

  • 球速アップの為のトレーニング
  • 飛距離アップの為のトレーニング
  • 走塁を速くする為のトレーニング
  • 水泳

  • 上半身トレーニング
  • 下半身トレーニング
  • 体幹トレーニング
  • サッカー

  • バランストレーニング
  • 体幹トレーニング
  • 動きづくり
  • ダイエット

  • ウエスト引き締め
  • 美尻
  • 美脚
  • 美容

  • 小顔矯正
  • 美容鍼
  • 美容骨盤矯正