スノーボードでの怪我・・・・【亀岡市・南丹市・京都市】

皆さんこんにちは!

亀岡よつば鍼灸整骨院の児島です!!

今日はこの季節に多い、スノーボードによる怪我をしてしまった時の対応と、負傷しやすい怪我について少しご紹介いたします。

 

■怪我をしてしまったら…

 
自分が怪我をしてしまったという場合と、仲間が怪我をしてしまった場合があると思います。
まず、スノーボードで多い外傷を挙げてみましょう。
 
 
頭部打撲
 
 意識がない場合は、脳内出血の可能性があり、ただちに脳神経外科のある病院へ運ぶ必要があります。
意識があっても時間が経ってから症状が出る場合があるので、本人を一人にしないなどの注意が必要です。
最近はかっこいいヘルメットがありますから、エアー系をする人だけでなく、かっ飛び系の人はぜひ被りましょう。
 
 
頚椎の外傷

 後方へ転倒した場合に多く、頭部打撲とセットのことが多いです。多いのは、当日は何となく痛くて翌日になり痛みが増すというパターンでしょうか。痛みが強い場合はレントゲン検査は必要ですし、上肢のしびれや吐き気、頭痛を伴う場合は神経に障害があると考えられますから、MRI検査が望ましいです。

 

脊椎(胸椎、腰椎)の外傷
 
 これは普通に転倒したくらいでは稀でしょう。高いエアーの失敗によるものがほとんどで、重傷例(骨折や下半身麻痺)となる場合もあります。
1回の失敗で一生車椅子生活というのもつらい話です。エアー命の方々、くれぐれも基本を忘れず、段階を踏んで練習を。
 
上肢の外傷
 
 肩関節、肘関節には、脱臼が多い様です。これには骨折を伴う場合も有りますし、肩であれば鎖骨骨折ということもあります。
手関節には脱臼は少なく、骨折が多いです。やはりエアー台での受傷が多いです。
いずれにしても、直後から痛み、腫れ、動かせない等の症状がはっきりして出ている場合は、整形外科へ直行ですね。
問題は、痛いんだけどなんとか動かせるという場合、整形外科へ行くかどうかですね。いろいろ意見はあると思いますが、整形外科受診を強くお勧めします。
なぜなら、怪我は骨折だけではないからです。肩関節なら肩鎖関節脱臼(肩甲骨と鎖骨を繋いでいる所の脱臼)、腱板断裂(筋肉組織の断裂)等、肘関節なら靭帯損傷がけっこう厄介で、初期のきちっとした診断と治療が重要です。
手関節なら、手根骨という細かい骨の骨折が見落とされがちです。
靭帯断裂もあります。指の捻挫と思っていたものが小さい骨折だったということも多いです。このように、外傷は多岐に渡るため、初期の正しい診断が非常に重要となり、時間が経過してからの治療は非常に困難であるからです。
 
 
下肢の外傷
 
 股関節周囲では、尻餅をつくことによる尾骨骨折ですね。これは初心者にも多く、エアーだけでなく、リフト待ちの時に滑って転倒したということもあります。医者に行かない人も多いでしょうから見落とされがちです。
最近言われていることとして、リフト乗車時にハイバックを倒しましょうというのがありますが、これはリフト待ち等のスケーティング時にしりもちをつき、特に女性がハイバックで陰部を切るというケガが起こっているためです。
股関節そのものの怪我は少ないと思います、多いのは膝でしょう。骨折は少なく、膝蓋骨脱臼がたまにありますが、靭帯や半月板損傷が多いです。
症状は、まったく歩けないものから、少し痛いくらいまで様々です。症状が軽くても、整形外科でレントゲン、MRIなどによる検査を受けるべきです。場合によっては内視鏡による手術が必要な場合もあります。足関節はフリースタイルに多く、靭帯損傷が多いですね。

 

■対応の仕方

自分でなくても、友人が怪我をしてしまった等の場合の対応です。
 
1.患者、自分の安全を確保する。

 コースの端へ移動させる、ボードを立てる、等。

2.患者を観察する。
 大量の出血がある、意識がない場合はただちに周囲に助けを求め、患者の応急処置(気道確保、人工呼吸、止血)すると同時にパトロールへの通報を急ぐ。意識がある場合は落ち着かせて話を聞く。
 
3.パトロールへの通報
 いつ、どこで、だれが、どうした、を整理して正確に伝える。後はパトロールに従えば良いと思います。
 
4.四肢の外傷の応急処置
 
 RICEの原則ちうものがあります。

est(安静)
・・・・・・
怪我をしたところを動かさない。
cing(冷却)
・・・・・・
冷やす。湿布ではなく、氷、アイスノン等ですが、
スキー場なのだから雪や氷はたくさんあります。
ompression(圧迫)
・・・・・・
適度に圧迫する。
levation(挙上)
・・・・・・
心臓より高く挙げておく。

 

こうすることによって、内出血や腫れを最低限に押さえ、痛みを軽減することができます。
しかし、これはあくまで応急処置ですから、すみやかに整形外科を受診しましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です