肩~肘の痛み スポーツ障害【亀岡市・京都市・南丹市】

 

 

みなさんこんにちは!!

亀岡よつば鍼灸整骨院の児島です!!

 

皆さんスポーツをしていて肩~腕の痛みは無いですか?

特に、野球・テニス・ゴルフなど肩を使うようなスポーツは負傷する事が多いと思います。

 

もしかしたらこんな状態かも?

 

 

野球肩

 

野球肩はざっくりした言い方で、その中には色々な原因・症状があります。

一つは上腕二頭筋腱長頭が上腕骨の大結節と小結節の骨の溝を覆う靭帯の間で挟み込まれて炎症を起こすもの、

二つ目は、野球肩は投球のやり過ぎや年令的要素で、肩峰、烏口肩峰靭帯との間で肩旋回筋腱板が摩擦されて炎症を起こしてなるものなどあります。

その他様々な要因はあります。

成長期の過度な回数の多い投球は避けましょう。

 

野球肘

 

投球動作でおこる肘全ての障害で、肘の内側にあたる上腕骨内側上顆の周囲に痛みを感じる事が多いです。

それ以外にも、肘の外側にあたる上腕骨外側上顆や肘の後にあたる肘頭、肘窩に痛みがでるケースもあり、症状は投げ始めに痛みが出ます。

投手などは痛みがでなくても練習後はアイシングをして、入浴時に肘から手首の間の筋肉をほぐすようにして予防することをおすすめします。

 

ゴルフ肘

手首の周辺にある筋肉の使い過ぎにより上腕骨内側上顆上腕骨外側上顆に生じる痛みです。

酷い時には物を持つときに痛みが出たり、ひとさし指や中指を動かすだけで痛みが出ます。

痛みが出だすと、なかなか取れないのが特徴で、ゴルフをしていて、肘に違和感があり力が入らないなどの症状が出たら直ぐに運動を中止してRICE療法をする処置をとりましょう。

また、日常生活では、サポーターを付けて肘の安静化を図りましょう。

 

テニス肘

肘の上腕骨外側上顆上腕骨内側上顆に痛みが出ます。

ゴルフ肘同様に、肘から下の筋肉の使いすぎによる腱の炎症です。

物を持つのも痛みがでる上に、酷いときはひとさし指、なか指を動かすだけで痛みがでることもあります。

炎症のある肘にはアイシングを行い、肘より下の筋肉のストレッチを怠らずにしましょう。

痛みが落ち着いてきたら、肘より下の筋肉の強化をしていきましょう。

テニス肘になると、しばらくは痛みが取れないので、痛みが出る前にストレッチやアイシングを行い予防しましょう。

 

 

 

 

亀岡よつば鍼灸整骨院

症状でお困りの方はこちら

トレーニングでお困りの方はこちらから

ひまわり鍼灸整骨院&トレーングソレイユはこちらから

午前9:00〜12:00 午後16:30〜20:10

〒612-0811 京都府亀岡市北古世町1-12-11

TEL:0771-24-7575

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です