事故してしまったらどうすればいいの?[向日市・西京区・伏見区・長岡京市] | 京都府向日市のひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

事故してしまったらどうすればいいの?[向日市・西京区・伏見区・長岡京市]

こんにちは、向日市のひまわり鍼灸整骨院トレーニングスタジオソレイユです!

 

 

本日は、事故にあってしまってから

 

 

ひまわり鍼灸整骨院で治療を受けるための流れを簡単にご説明致します。

 

 

1 警察に連絡
加害者、被害者にかかわらず後に後遺症や痛み、その他トラブルが発生したりした場合警察を介入しておかないと大変めんどうなことになります。相手に警察へ届け出ないよう言われても必ず警察に現場検証をしてもらうことが大事です。
2 保険会社に連絡
すぐに保険会社に事故の日時、場所、内容を連絡してもらいましょう。
事故後、1週間以上経ってから痛みを訴えても、事故との因果関係が証明できないとの理由で治療費、または保険金を支払ってもらえない場合があります。
3 医療機関を受診(ひまわり鍼灸整骨院にすぐ連絡)
たとえ軽傷でも必ず受診しましょう。施術証明書を発行します。
4 保険会社にひまわり鍼灸整骨院での治療を希望することを伝える。
保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。
慰謝料とは交通事故の被害者に対する、心の負担や苦痛を精神的苦痛の損害ととらえ、それを金銭によって癒す賠償のことを言います。
交通事故の治療で自賠責保険や任意保険を利用して通院をした場合は原則的に患者様の負担は(治療費)はありません。
被害者一名につき、一日4, 200円、最大120万円傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害及び慰謝料が支払われます。

 

 

 

 

 

交通事故治療相談は、無料で行っておりますのでいつでもお電話下さい。

 

 

 

 

 

向日市ひまわり鍼灸整骨院 075−555−9342

accidents_bn