オスグット・シュラッター病

こんな症状・お悩みはありませんか?

  • 膝のお皿の下の骨が出てきた
  • 休むと痛みが治まるが、膝の下を押すと痛い
  • ジャンプする時や、着地の際に痛む
  • ボールを蹴ると痛む
  • 休むと痛みが治まるが、膝の下を押すと痛い
  • スポーツをしていると膝が痛くなってくる
  • 休むと痛みが治まるが、膝の下を押すと痛い
  • オスグットになる原因は・・・成長期だから?
  • オスグットの場合は・・・冷やす?温める?
  • 治すには休むしかない・・・早く治す方法はないの?

<オスグットとは?>

 

小学生、中学生位の成長期に起こる脛骨が炎症して変形する骨軟骨炎と言われる疾患で、スポーツを行っている男の子に多く診られます。

 

正式な疾患名はオスグット・シュラッター病といい、非常に多くの方がオスグットは成長痛だと思っているようですが全く違います。

 

確かに、成長期に起こるものですが成長痛とは現在でもメカニズムが不明ですが、オスグットは原因がはっきりしています。

 

オスグットは太ももの前の筋肉である大腿四頭筋という筋肉がオーバーユースばどにより硬くなり、筋肉の付着部である脛骨粗面を引っ張ることで痛みが出てきます。

 

変形が強くなり骨が引っ張られたままだと、大人になってからでも痛みを残す事がありますので適切な治療を受ける事が重要です。

 

 

 

 

 

 

(一般的な治療法) 電気治療、罨法、湿布、患部周囲のマッサージが一般的な整骨院、接骨院、整形外科では行はれているようです。 (当院の治療法 当院では大腿四頭筋がオスグットの原因を作っているのでそこを中心に手技療法で調整します。 しかし、なかには大腿四頭筋が緊張する原因が股関節、骨盤、足関節のバランス、可動域に問題になっている事があります。 そうなると、いくら大腿四頭筋を柔らかくしたところでまたすぐに緊張状態となり再発するので全身のバランス、動きを診て治療法を決定しております。

また、自宅でのエクササイズも指導して再発予防に努めております。

<治療方法>

 

先ほどもありましたが、オスグットは成長期に起こりますが成長痛ではありません。

 

大腿四頭筋と言われる筋肉の牽引力によって脛骨にストレスが掛かり引き起こされます。

ですから患部だけでなく原因となっている大腿四頭筋を中心に股関節、骨盤、足関節の調整も必要と考えています。

 

また、オスグットは一度痛みが引いても再発しやすいので、再発予防に自宅でできるエクササイズ&ストレッチなどを指導するところまで治療としています。

 

 

 

<一般的な治療と当院の治療の違い>

 

(一般的な治療法) 電気治療、罨法、湿布、患部周囲のマッサージが一般的な整骨院、接骨院、整形外科では行はれているようです。

 

(当院の治療法 ) 当院では大腿四頭筋がオスグットの原因を作っているのでそこを中心に手技療法で調整します。

しかし、なかには大腿四頭筋が緊張する原因が股関節、骨盤、足関節のバランス、可動域に問題になっている事があります。

そうなると、いくら大腿四頭筋を柔らかくしたところでまたすぐに緊張状態となり再発するので全身のバランス、動きを診て治療法を決定しております。

また、自宅でのエクササイズ&ストレッチなども指導して再発予防に努めております。

 

 

<お家でできること・やらないこと>

 

安静にする

使いすぎでなっているので一番はスポーツ活動などを中止し安静にすることが大切です。

 

痛くなった時は痛くなった箇所だけを冷やす

オスグットとは太もも前の筋肉の使いすぎなどによって筋肉が硬くなり血行が悪くなっている状態です。
なので筋肉は温めて、痛くなった膝の下はアイシングか湿布などで冷やしましょう。
 
ストレッチ
 
ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、血行を良くしていく効果があります。
 
 
 
 
 
 
もし自分のお子さんがオスグットかも!!?と思う方はこの3つのことをお家でやってみてください!!
そして出来るだけ早く治療を始めましょう。
 
 
 
その他お困りのことがありましたら、出来るだけ早くご相談ください。