腰椎ヘルニア(腰椎椎間板症)

こんな症状・お悩みはありませんか?

  • 腰の痛みだけでなく、足にしびれがある
  • 座っている状態から立ち上がる時に腰が伸びない
  • 長時間立ってられない
  • 朝起きると痛い
  • 腰や足の痺れで仕事や趣味に支障が出ている

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは、腰の骨(腰椎)と腰の骨の間でクッションの役割をしている椎間板という組織が急性あるいは慢性的に外に飛び出してしまうことを言います。
腰の痛みや症状のほかに、腰から足に存在する神経を椎間板が圧迫してしまい、脚部にまでしびれなどの症状が発生すると言われています。

椎間板ヘルニアの原因は?

椎間板ヘルニアの多くの原因は大きく分けて2種類です。
重いものを持ち上げた際に発症する急性的な症状と、日常生活で長期的に腰に負担をかけてしまい、発症する慢性的な症状です。
通常、腰椎の構造上、後方に椎間板が飛び出してしまうことは考えにくいのですが、腰椎が前に曲がってしまった状態で、背骨が伸びない状態で身体に定着してしまうと、急性的あるいは慢性的な椎間板ヘルニアになる可能性が極めて高くなってしまいます。

 

腰椎椎間板ヘルニアと診断されたときに考えること

最初に考えることとしては、病院や整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されても、実際の症状とヘルニアに関連があるかどうかです。
そして、実際の症状とヘルニアとの関連性はほとんどない、という考え方が最近では主流になってきています。当院では、「腰椎椎間板ヘルニア」かどうかしっかりと検査し実際なにが原因かを判断します。

実際の症状には、他の原因である可能性も十分に残っているのです。
また、”症状とヘルニアの関連に対して否定的な意見がある”ということを知ると、ヘルニアを必要以上に怖がることもなくなると思います。

骨格イラスト

 

 

椎間板ヘルニアの治療法とは?

近年、椎間板ヘルニアの処置に関しては保存療法(手術をしない治療)が多く適用されるようになりました。
飛び出してしまった椎間板を手術で取り出すのではなく、椎間板ヘルニアの原因になっている腰の歪みを直し、椎間板が飛び出しにくい腰椎の角度(アライメント)を適切に維持させることで、飛び出してしまった椎間板を体が吸収し、改善させることが可能になります。

 

向日市ひまわり鍼灸整骨院・亀岡よつば鍼灸整骨院では、椎間板ヘルニアの患者様に対して、最新の治療法で、症状の出ている部分の治療だけを行うのではなく、腰椎の関節の可動域の調整、アライメントの調整、原因になっている部位周辺の筋肉の柔軟性、筋力の強化を行います。
その結果、痛み・痺れを取り除くだけでなく再発のしにくい身体を作ります。これは他の整骨院や整形外科では中々できない当院独自の治療法になります。

また、向日市ひまわり鍼灸整骨院・亀岡よつば鍼灸整骨院では、正常な身体の機能・構造を取り戻し、症状の出ない正常な身体づくりのための治療を行なっています。
痛み止めどの薬に頼った治療や手術をしたくないけど、椎間板ヘルニアでお困りの方は、一度向日市ひまわり鍼灸整骨院・亀岡よつば鍼灸整骨院までご相談下さい。

施術の様子

向日市ひまわり鍼灸整骨院・亀岡よつば鍼灸整骨院へ!

ひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ~向日院~
〒617-0002
京都府向日市寺戸町辰巳3番地 ユングフラウマイ1F
TEL:075-555-9342

よつば鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ~亀岡院~
〒621-0811
京都府亀岡市北古世町1-12-11
TEL:0771-24-7575