成長期の膝痛(オスグット・ジャンパー膝など) | 京都府向日市のひまわり鍼灸整骨院&トレーニングスタジオソレイユ

成長期の膝痛(オスグット・ジャンパー膝など)

成長期の膝痛(オスグット・ジャンパー膝など)

 

■このようなことでお悩みではありませんか?

■ スポーツをしていると膝が痛くなってくる

■ ジャンプする時や、着地の際に痛む

■ ボールを蹴ると痛む

■ 膝のお皿の下が腫れている感じがして痛い

■ 休むと痛みが治まるが、膝の下を押すと痛い

膝痛2

 

 

 

 

 

 

 

■成長期の膝痛(オスグット・ジャンパー膝)の原因は?

成長期の膝の痛みを抱えている子どもは多く、10~15歳頃の特に男の子に見られます。
競技ではバレーボールやバスケットボール、サッカーなど、ジャンプや蹴る動作が多いスポーツで多く見られます。
このような症状で起きる膝の痛みは、『オスグッド・シュラッダー病(成長痛)』や『ジャンパー膝(ジャンパーズニー)』と言われています。まれに分裂膝蓋骨の子どももいます。
成長期には、骨が先に成長してしまい、腱や筋肉の伸びが遅れます。その際、骨に付いている筋肉には常に引っ張られる力が加わっているので、より強いストレスが成長期にはかかります。
そして痛みを起こす原因として一般的に言われていますのが、大腿四頭筋(太もも前方の筋肉)の柔軟性がなくなり、筋肉が伸びない硬い状態になってしまうことで上記のように引っ張る力が強くなり痛みが出てくるのです。また、治りの良くない成長期の膝痛は膝関節以外の関節の動きの低下に伴い、膝裏の筋肉の緊張も強く、結果、膝関節の内圧の上昇が起き曲げ伸ばしの際に痛みが出ていることが良くあります。

 

膝痛2

 

■向日市ひまわり鍼灸整骨院の成長期に起こる膝痛(オスグット・ジャンパー膝)の施術方法

ひまわり鍼灸整骨院でのオスグットやジャンパー膝(ジャンパーズニー)などの成長痛に対しての治療方法は、原因となるものが筋肉なのか関節なのかをしっかり問診・検査で見極め、筋肉であれば硬くなってしまった筋肉の柔軟性を出します。また、関節の動きが低下しているのなら、関節を動かすためにACT治療で患部だけでなく、それ以外の関節(骨盤・足)の動きの改善を行う事で結果、膝にかかるストレスの軽減をはかり早期に痛みから解放されます。よってクラブへの復帰が早くすることができます。ケースにもよりますが、修復を早める為の最新治療器と併用すれば多くの方が3回~6回目の施術で「大分痛みは治まった」と喜ばれております。そのあとは、筋肉の柔軟性や関節の動きが出るまで継続して治療を行います。また再発予防のためにストレッチやトレーニングを指導しています。

 

膝痛

 

 

 

 

 

当院では、成長痛であるオスグットやジャンパー膝(ジャンパーズニー)などのスポーツ障害を専門にしているため、向日市はもちろん、京都市、長岡京市など市外からも、多くの患者様が来院されます。
今の施術で思うように結果の出ていないかたは一度施術を受けてみてください!!

SONY DSC

SONY DSC